人事労務の総合ソリューションサービス:キャリアアセットマネジ株式会社

研修後フォローは必要か?

研修後フォローは必要か?

“今日学んだことを、明日から実践していきたいと思います!”
“講師の話が胸に響き、これまでと意識が180度変わりました!”
“モチベーションが上がり、前向きな気持ちになれました!”

これらは、研修実施後、受講者の言葉としてよく耳にします。人事担当者の皆様も、研修に参加した社員のアンケートから、目にする機会はあるのではないでしょうか。

では、ここでひとつ質問です。

・・・実際、社員の行動は変わっていますか??

おそらく9割以上の方の答えはNOではないかと思います。
テンションが上がっていたのは、当日、長くても1週間位で、言われてみればまた研修前の姿に戻っている、というのが大方の感想ではないでしょうか。

研修で新たな知識をつけ、良い話を聞き、前向きな気持ちになることは非常に大事なことですし、それだけでも十分意味があることには間違いありません。

ただ、それが研修を導入した目的だったのか?
と考えると、私達はNOだと思っています。少なくとも私達は次のように考えています。

研修を導入する目的は、『研修で学んだ内容を職場で実践できるようになること』。
職場で実践できて初めて、研修を実施した効果・成果として、お客様にご満足いただける。

そのために、私達の研修には必ず「継続トレーニング」を付帯して、ご提案しています。
弊社の研修では、研修後のアンケートにおける内容・講師に対する満足度がほぼ90%以上と、ありがたい回答をいただきます。ただし、どんなに良い講師、どんなに良い研修でも、たった1回では全受講者を行動定着に導くには及びません。(もちろん意識の高い優秀層の方は、研修だけでも変わりますが…それはごく一部の方に過ぎません。)

そこで弊社では、職場での行動定着を実現するために、研修で実施した内容を具体的行動項目に落とし込み、定期的にチェックする仕組み「継続トレーニング」を推奨しています。

例えば、コーチング研修を受講した対象者には、
・目を見て話を聴いているか
・相手の話をさえぎらず、最後まで聴いているか 等
研修内容に沿った20項目程度の行動内容を、定期的にチェックします。

チェックは、自身で振り返りチェックする自己チェックと、上長による上長チェックの2つです。過大評価になりがちな自己チェックにとどめずに、会社が求めているレベルまで引き上げるための上長チェックをし、その結果を数値集計した「診断結果」によって可視化します。その数値の推移によって、自身の改善すべき点を確認し、行動に反映することはもちろん、一方で、研修効果を数値化して検証することや、次の社員教育に活かしていただくことができます。

■ トレーニングプログラム一覧
http://www.ca-m.co.jp/training/training/

1日で劇的に行動が変わるような魔法があれば良いのですが、実際はそうもいきませんよね。

少しの手間と少しの時間をかけて、理想の人材を一緒に育てていきませんか?

■ 行動を数値化し、組織生産性を向上させるLQPプログラム
http://www.ca-m.co.jp/training/lqp/

CAMの研修映像コンテンツ
採用情報 仕事は一生。楽しくやらなきゃもったいない
CAMの【ストレスチェック】トータルサポートサービス
C-enバナー
障がい者雇用の促進をサポートする 障がい者雇用研修
早期離脱の繰り返し防止対策バナー

PAGETOP
Copyright Career Asset Manage INC. All Rights Reserved.