人事労務の総合ソリューションサービス:キャリアアセットマネジ株式会社

ひとりの方が成果出せます

チームはあなたの仕事を待っている

ときどき自分の仕事の範囲をかたくなに決めて、そこから一歩も動こうとしない人がいます。
そのような人はチームで働く資格がないと言えます。
チームで働けるということが、職場で生き抜く大きなポイントになります。
なぜなら、仕事をするとは、チームを組んで動くことだからです。

なかにはチームで働くのが嫌だ、あるいは苦手だという人がいます。
しかし、あなたに仕事を発注してくれるクライアントは、必ずあなた以外の誰かです。
ということは、ひとりで完結する仕事など、ありえないのです。
ときどき、「自分はひとりでやったほうが早いし、ひとりのほうがいい仕事をするんです」なんて言う人がいます。
そんな仕事はありません。

会社に属していようと、個人で事業をしていようと、必ず仕事は自分と自分以外との関係性のなかで生じます。
つまり仕事とは、あなたに与えられた範囲で完結することはないのです。
必ずあなたの前後左右であなたの仕事を待っている人がいるはずです。
自分の仕事に責任を持つということは、その前後左右の動きに目を光らせ、耳を澄ますことなのです。

あなたが短期的かつ効率的に給料をもらうことを目的にするなら、この考えは不要です。
ただ、この本のテーマであるいまの職場で生き抜くことを考えるならば、いかに遠くから仕事を依頼されるか、あるいは新しい仕事を依頼されるかが、そのバロメーターになります。
むしろ積極的に仕事の範囲を広げて、自分がチームに貢献できることをアピールしていきましょう。

CAMの研修映像コンテンツ
採用情報 仕事は一生。楽しくやらなきゃもったいない
CAMの【ストレスチェック】トータルサポートサービス
C-enバナー
障がい者雇用の促進をサポートする 障がい者雇用研修
早期離脱の繰り返し防止対策バナー

PAGETOP
Copyright Career Asset Manage INC. All Rights Reserved.