人事労務の総合ソリューションサービス:キャリアアセットマネジ株式会社
  • HOME »
  • »
  • 人気商品のエピソードから学ぶ『ヒト×イノベーション』 Vol.01:iPhone開発秘話より

人気商品のエピソードから学ぶ『ヒト×イノベーション』
Vol.01:iPhone開発秘話より


Steve Jobs In Memoriam vector | Image by VectorOpenStock.com

故・スティーブジョブズがiPhoneを開発していたときのお話です。

iPhoneを開発するにあたり、スティーブジョブズがこだわったのは、とにかくシンプルな外観とコンパクトであること。
この「コンパクト」に関する有名な秘話(??)です。

開発担当者が努力に努力を重ねたiPhoneの試作品をスティーブジョブズに見せに行きました。
「完成しました!これでいかがでしょう?ご要望通り、とにかくコンパクトにすることができました」と……

その試作品を見たジョブズの言葉は「まだまだ大きすぎる。もっと小さくしてほしい」

開発者は反論します。「これ以上は無理です! 要望の機能を搭載すれば、どうしてもこのサイズになります。これ以上小さくするならスペックを落とすしかありません」

これを聞いたジョブズの行動。。。
『試作品を(その場にあった)水槽の中に落として』ひと言。

「水に入れると、気泡が漏れてきている。これは製品内に空洞があるということだ。ならばこの空洞の分、コンパクトにできるはずだ!」

これを受けて、開発者たちは更なる努力を求められ、見事に現在のiPhoneをつくり上げたというわけです。

ここでスゴイのは、開発者たちの努力もさることながら
『ジョブズの異様なまでのこだわり』ですよね。
この「こだわり」がヒットを生み出す重要な要素だと思うのです。

実は、組織づくりやチームビルディングも同じで、
「こういうチームにしたい!」にとことん「こだわる」ことができるかどうか? が重要です。他のビジネスでも「製品つくり」「サービス開発」「組織造り」にこだわり続けた人が成功者として名を馳せています。

日頃、人材育成の現場にいると

“今回は、状況が悪かったから仕方が無い”
“新人だから大目に見よう”
“~~だから、今回はよしとしよう”など、

小さな事をそのままにしている場面が多くあります。

で、その結果

“大事なときに実力が出せない”
“ちょっとした困難も乗り越えようとしない”
“情報を個人が抱えてしまって共有できていない”など

「チームとして上手く機能していない」
「個人主義の社員が多い」となってしまう。

現場のリーダーやマネージャーであればこそ、やはり『小さなことにこだわり抜く』ことが大切なんです。

人気商品のエピソードから学ぶ『ヒト×イノベーション』

Vol.01:iPhone開発秘話より
Vol.02:ボジョレー・ヌーヴォー
Vol.03:黒船スイーツのヒット
Vol.04:暗闇フィットネス
Vol.05:ダイエットマーケット
Vol.06:インスタグラム
Vol.07:スーパーフード
Vol.08:YouTuber
Vol.09:オフィス文具
Vol.10:パーソナルジム

CAMの研修映像コンテンツ
採用情報 仕事は一生。楽しくやらなきゃもったいない
CAMの【ストレスチェック】トータルサポートサービス
C-enバナー
障がい者雇用の促進をサポートする 障がい者雇用研修
早期離脱の繰り返し防止対策バナー

PAGETOP
Copyright Career Asset Manage INC. All Rights Reserved.