人事労務の総合ソリューションサービス:キャリアアセットマネジ株式会社
  • HOME »
  • »
  • 新たな雇用体系で今後の生産を行うために

新たな雇用体系で今後の生産を行うために

対応すべき項目とそのリスク

先行きが不透明な中、各メーカーは様々なコスト削減に努めている。

法改正の方向性や社会的要請からも今後の生産の増減に対し、「人材派遣を使わない」と明言する企業も増加している。

スリム化を進める中で、景気が・生産が立ち上がった場合、人員の確保から契約・管理・満了まで、自社での対応が可能かの分析が必要になる。

対応すべき項目とそのリスク

□ A・Bともに受付対応や採否連絡(本人orハローワーク)が必要
□ Cの場合、採用ごとに紹介料が発生するため、コストが割高になる可能性あり
□ 就業条件や社内規定、受け入れ、健康診断等、事前に手続きする業務が増加
□ 毎日の勤怠確認、給与計算業務の増加、安全衛生管理、作業教育やそれに伴う評価、契約更新の判断、適正な雇止め手続き、退職トラブルリスク等が増加

CAMの研修映像コンテンツ
採用情報 仕事は一生。楽しくやらなきゃもったいない
CAMの【ストレスチェック】トータルサポートサービス
C-enバナー
障がい者雇用の促進をサポートする 障がい者雇用研修
早期離脱の繰り返し防止対策バナー

PAGETOP
Copyright Career Asset Manage INC. All Rights Reserved.