2017年11月下旬、新潟県の某団体様にて「大学3年生対象 インターンシップ前 ビジネスマナー研修」を実施し、3日間で延べ11名の方々にご参加いただきました。

今回は、
・インターンシップをするにあたり、必要なビジネスマナー(必要性含む)を身に付けていない
大学3年生に対して、就業をする上で最低限必要なビジネスマナーの必要性理解とスキル習得をするための、「ビジネスマナー研修」をセミナー形式で実施いたしました。

受講者の皆様はいずれの方も新潟県の企業様へのインターンを志望されており、大学内のセミナーにも参加されていたり志望業界を大まかに定めていらしたりと、早くから就職活動に向けて動きを始めているとても真面目な方々でした。

社会人と比べてしまうと、自分の意思をハキハキと表現することが難しいことを事前に予想していましたため、コンテンツ内にワークを多めに入れることや、2WAYのコミュニケーションで参加意識や主体性を養うことに注力しました。知識のインプットももちろん大切にしながら、社会に出るにあたってのマインド醸成や、実態に合わせての困りごとの対処法を具体的にアドバイスする、お話の仕方聴き方に関しての基本マナーを身につけて頂くことができるよう指導いたしました。

研修序盤は皆様少々緊張されていましたが、研修中盤から後半にかけては、話を聞く姿勢やうなずきなどを意識して発言も堂々とすることができるようになりました。

このような研修に自分から参加されている皆様の「積極性」はとても素晴らしいと感じましたし、言われたことをしっかりと受け止めてくださる「素直さ」も拝見して、きっと皆様はしっかりと自分の夢を掴むことができるに違いない!と確信しました。

就活生(大学生)に向けたこのような研修は学生さんにとって、とても大切な機会だと思いますし、更にテーマを深化させて様々な研修を実施できると採用活動をされる企業様にとっても大変魅力的なのではと感じました。

今後も、企業・学生の双方に望まれる人材支援をさまざまな形でしていきたいと考えております。

受講者の声

  • マナーの基礎から実践まで、繰り返し丁寧に教えてくれたので、自信をつけることができた。家に帰っても練習し、自然にできるようにしたい。
  • 大切なポイントをわかりやすく説明してくださり、終始間違えても発言してよい雰囲気を作ってくれたので、リラックスして素直に吸収することができた。
  • 聴き方の実践とアドバイスをいただき、不安が解消されました。

実施スケジュール

※オリエンテーション

  1. 企業から求められる姿と現在の自分
  2. インターンシップにあたり必要な心構え
  3. 好感を与えるビジネスマナー
  4. 報連相
  5. まとめ

講師より
研修最後の自己分析では、「自分の強みを新たに発見できた」「自分の弱みだと思っていたことが強みにもなっている!」「もっと笑顔が自然にできるようにしたい!」等というような気づきを持っていただくことができました。受講者の皆様自身がそのような成長を実感することができていると嬉しいです。

関連する研修サービス

> ビジネスマナー研修 ~社会人に求められる基本の振る舞い~
> 仕事で損をしないための行動四原則研修 ~社員の行動変容がもたらす社風の改善~