2017年12月下旬、茨城の大手物流業様にて「3年目社員対象 問題意識力向上研修」を実施し、17名の方々にご参加いただきました。

今回の企業様は、3年目社員研修を実施する背景に
・構造改革による人財減少により、業務に追われコア人財にかける教育が不足しており、若手の早期育成が必要。
という状況に置かれておりました。

そこで今回は、(どの部署でも必要なコア人材育成の土台となる)問題を「見える化」し解決するための手法及び問題の原因分析~解決策の実行までの手法を習得するための「問題意識力向上研修」を実施いたしました。

「相手の期待に応えるために『G-PDCAサイクル』を周囲を巻きこみながら実行するためのポイント」を1つずつ演習を通して学んでいただきました。

スタート時はお互いに固さもあり、反応も今ひとつであり、少しテンションの低さが気になりましたが、研修が進むにつれ、ワークなども積極的に発言し合い、とても良い状態でした。

ただし、今回学んだことを実践するまでにはまだまだ課題があります。
実際に研修を進めながらその都度、理解度の確認、疑問・質問などを確認しながら進め、最後に学んだことを活用して問題解決を図る「総合演習」を行いましたが、ほとんどのチームが学んだ内容を生かしきれていない状況でした。

逆に、参加者の皆様からのコメントを見ても「総合演習で学んだことが全くできていないことに気付いた」などが多数あり、ある意味、今後現場で良い意味で危機感を持った状態でスタートが切れると思います。

是非、組織としても“学んだことは実践して初めて成果に結びつく”ということを、あらゆる場面でお伝えしていただくなどフォローいただければ今回研修で学んだことが、より効果的になると思います。
 

受講者の声

  • 明日の業務からすぐに実施し、習慣化させていきたいと思うことが多々あり有意義な時間を過ごせました。
  • 非常にわかりやすく、とてもいい研修内容でした。
  • 全ての内容が「あー」と驚かされました。今日の内容を頭に入れ、今後の仕事に役立てていこうと思いました。
  • とても自分のためになる研修になりました。

実施スケジュール

※オリエンテーション

  1. 優れた人材とは
  2. 【G】ゴールの確認
  3. 【P】段取り
  4. 【D】チーム意識
  5. 【C】ホウ・レン・ソウまとめ
  6. 【A】カイゼン
  7. 総合演習
  8. まとめ

講師写真

講師 :相田 吉雄

講師より
研修で繰り返しお伝えしました“学んだことは実践して初めて成果に結びつく”ということを、日常的にあらゆる場面でお伝えしていただけると、今回研修で学んだことがより効果的になるので、日常的にフォローしていただければと思います。

関連する研修サービス

> 問題解決研修 ~改善活動を導く問題解決思考~
> PDCA研修 ~生産・品質管理の円滑化~