2018年1月下旬、茨城県の精密フィルターの製造業様にて「管理職対象 コミュニケーション研修」を実施し、2日間で20名の方々にご参加いただきました。

当企業様は、管理職層に対して、下記の課題をお持ちでした。
・リーダー研修を全くしていなかったため、役割認識が希薄。
・相手の意見を受け入れる姿勢、引き出す能力が不足しており、一方通行のコミュニケーションのように見受けられる。(部下後輩に質問はするが、意見が違うと却って不機嫌になることがある)。

そこで今回は、管理職層を対象に、リーダーとしての役割の基礎を学び、そのために必要なコミュニケーションスキルを習得することを目的にした「コミュニケーション研修」を実施いたしました。

これまでリーダーシップやコミュニケーションの研修実施が少なかったという背景もあり、研修そのものの理解や効果をお伝えいたしました。

また職場ごとの環境や、参加者が個々に経験が異なることも想定し、ワークの解説も丁寧に進めました。活発な意見や話し合いの中で多くの気づきがあったかと見受けられますが、継続トレーニング(http://www.ca-m.co.jp/training/lqp/リンク)を通じて、今後の実践につながればと思います。

参加者の皆様においては日常忙しい業務にあって自身や仕事振りを見つめ直す機会も少ないかと推察され、今回の研修がその点についても良かったとの感想もあり、実施された効果は高かったと思われます。

特に、共感力を高めるコミュニケーションのパートでは、よくある部下指導の場面を想定したケーススタディを通して、普段はどのように対応しているかと、よりモチベーションを高めてもらうためにはどうするべきかを、疑似体験しながら学んでいただきました。

その後、20項目からなる「コミュニケーションチェックシート」を活用し、自身の日常のコミュニケーションタイプを振り返っていただきました。自分のことというのは、分かっているようで分かっていなかったり、分かっていてもどこをどのように改善すべきか見出すことができていなかったようですが、当研修を通して皆様、自身の改善のイメージを掴んでいらっしゃいました。

今後は、研修中の意見交換でもありましたが、組織として多様な育成ニーズに対応した教育体系の構築と指導方針等をより明確にしながら、育成風土を高めていかれることを期待申し上げます。

受講者の声

  • たくさんの人と関わっていく上で、コミュニケーションの取り方にとても興味があり、今日の教育はとてもためになりました。とても話しやすかったです。また参加したいと思いました。
  • リーダー研修ではありましたが、部下の人達にも聞かせてあげてほしいと思いました。
  • 言語ひとつでモチベーションが変わる事がとてもよくわかりました。

実施スケジュール

※オリエンテーション

  1. プロ意識醸成:
     セルフワーク・グループワークを含む演習問題を通して、リーダーとしてどのような考え方、行動が求められているのかを擬似体験的に理解します。
  2. 共感力を高めるコミュニケーションスキル:
     問題のある部下指導のケーススタディを通して、ディスカッションを基に共感力を発揮・指導する手法を習得します。
  3. 社員間コミュニケーション:
     「コンセンサスゲーム」を通じて、チームの方向性を決めることで意思決定や合意力を高めます。
  4. まとめ

講師写真

講師 :田上 和徳

講師より
私の基本コンセプトである「楽しみながら、自分で答えを出しながら学んでいただく」が実現できたと思います。参加者の皆様の今後のリーダーシップやコミュニケーションにお役に立てたようで安心いたしました。

関連する研修サービス

> 管理職者研修 ~マネージャーとしての能力発揮~
> アクティブリスニング研修 ~相手の心を開く話の聴き方~