2018年8月上旬、広島県の産業用熱機器等製造販売関連会社様にて「営業社員対象 プレゼンテーション研修」を実施し、11名の方々にご参加いただきました。

今回の企業様は、商品・サービスの内容が複雑化している状況で、若手・中堅社員に対し、提案力の強化が必要であるため、発信力・プレゼン力を上げてほしいというご要望をお持ちでした。

そこで今回は、相手の様々なニーズに合わせた提案をできるようにする(営業時のプレゼンテーション力強化)ための「営業社員対象 プレゼンテーション研修」を実施いたしました。

今回の研修では、新入社員から中堅社員がまでが参加されている中で、下記に要点を置き実施いたしました。
①情報を頭の中で論理的に整理し、相手に分かりやすく伝えることができる
②主張には根拠や証拠が示され、納得感があるメッセージ構成となっている
③単なる情報のメッセンジャーではなく、自身の言葉で伝えることができ、相手や状況を自分が望む方向に動かすことができる。

これにより、受講者の方は、今回の研修でプレゼンテーションの重要性に対する認識をより深められたようです。「プレゼンテーションは、上手くできればそれでよいというものではなく、お客様の心を動かし、売上につながらなければ意味がないのだ」ということに気づき、今後に生かしていきたいと強く感じられたようでした。

また、プレゼンテーション以外でも、お客様を意識し、戦略を持って行動しなくてはならないということも理解していただけたようでした。今日の研修で学んだことを、今後の活動にどのようにつなげていきたいのかを明確にしておられる受講者の方も多く、非常に実のある研修になったのではないかと思います。

営業は個人の資質によるところが大きいと思われがちですが、営業の基本を学び、型を身に付けることで、営業スキルは飛躍的にアップします。今後は、営業の基礎から商談の提案からクロージングまでの型を2日間くらい時間をかけて習得できるような研修をご提案いたします。

受講者の声

  • 今日の研修は、自分のスキルを上げることのできた研修だと思います。特に今までプレゼンは、上手く話せて分かりやすくできたら良いと思っていたんですが、そうでなくプレゼンは相手を動かせてこそ意味があることがわかったことは、これからプレゼンする機会や展示会での説明でも活かしていけると思うので、今回もらった資料を事前に見直すなどしてどんどん活かせるようにしていきたいと思います。
  • 方法はいくらでもあり、要点を押え相手を動かせば数字・実績は上がるんだと実感致しました。指導時に特化した講習会を受講したいです。
  • 日頃プレゼンを行っていますが、目的がしっかりしていない状態でした。本日の講習を聞き、今後のプレゼンはしっかり売上に繋がることを意識し、自信を持って紹介したいと思います。
  • 今までは伝えることに精一杯になっていましたが、今後はお客様の感情を揺さぶっていきたいです。

実施スケジュール

※オリエンテーション

  1. プレゼンテーションとは
  2. 分かりやすく伝える
  3. 納得感を高めるロジカルシンキング
  4. 相手の行動を引き出す伝え方
  5. 全体のまとめ・質疑応答

講師写真

講師 :吉川 修司

講師より
新入社員チームのプレゼン演習については、1回目で他のメンバーのプレゼンを見たり、フィードバックを受けたことにより、1回目と2回目で劇的な改善が見られました。今後、上司の方の的確なフィードバックにより、育成していただくことで、さらなる成長が見込めます。

関連する研修サービス

> プレゼンテーション
> 営業基礎研修 ~営業基礎力向上の先にある信頼関係構築~