2018年8月下旬、山形県の半導体フィルター製造会社様にて「指導社員対象 現場トレーナー研修」を実施し、18名の方々にご参加いただきました。

今回の企業様は、派遣社員が入社してもすぐに退職をしてしまい定着率が上がらないという状況に置かれておりました。
・仕事を教えるのに手順が文書化などされておらず、うまく伝える仕組みがない。
・トレーナーの面倒見が良いとは言えない。
・十分なコミュニケーションがとれていない。
・対新人に限らず、対上司・同僚・後輩へのコミュニケーション、チームワークが重要ということを学ばせたい。
という課題とご要望をお持ちでした。

そこで今回は、指導する立場のトレーナーに対して、指導する新人に対して適切なコミュニケーションを増やし、新人を定着させる・独り立ちさせるための「指導社員対象 現場トレーナー研修」を実施いたしました。

この度ご参加いただきました皆様は、人材育成の重要性はご理解されているものの、相手の方を慮るあまり「相手のやる気を損ねたらどうしよう。何から取り組めばいいんだろう」と思っていらっしゃる方が多かったようです。一人ひとりが相手を大切にし、信頼関係の上で仕事を進めていこうとするお気持ちが強い方が多いことは、きっかけさえつかめれば、ぐっと育成力はアップすると思います。

研修全体としまして、人材育成についてやらされ感なく自身の役割として自然に捉え、メンバーの成長に喜びを感じながら関わっていけるよう、講師からの押し付けではなくご自身で部下・後輩育成の必要性を感じていただけるよう気を配りました。

レクチャー部分は最小限に抑え、ワークやゲームの中で、自分以外のメンバーの成長や組織内のコミュニケーションの向上が、仕事の成果につながることを理解していただける仕掛けをしました。また、出来るだけグループや隣の方と意見を交換する機会を設け、ワークやゲームの後に自身の気付きを消化不良とすることなく自分に落とし込める時間を作りました。研修時の理解に留まることなく、ご自身の職場でどう活用できるかをなるべく想像していただき、活用の場面を思い浮かべていただくことで、研修後の日常に円滑につながるようにいたしました。

今回の研修では、育成は特別な取り組みではなく、日常の仕事の中で、互いのコミュニケーションの中で進めていけること、そして一つひとつの関りは難しいものではないことをお伝えしました。育成の環境はトレーナーの方ごとに異なると思います。その方にマッチしたやり方から進めていただけると、最初のハードルが低くなりやり易くなると思います。

また、組織の生産性と育成を紐づけてお伝えするようにも努めました。トレーナーとして当事者意識の高い皆様には、「育成が生産性や効率性アップにつながる」ということが響いたようです。組織の中の要として、大いにトレーナーとしてのお力を発揮していただきたいと思っております。

受講者の声

  • 他の部署の話をした事のない人とも関われて、とてもいい機会だったと思います。今後の仕事に是非役立てて、いいチームを作れるよう頑張りたいと思います。
  • すごく分かりやすい話をしてくださって聞きやすく、例も交えて説明されたので、自分もできそう!と思えました。
  • 後輩とのコミュニケーション+育成でどう接したらいいか分からなかったので、今回の研修はとても学べました。
  • 自分の知識を教えるだけが、トレーナーの役割ではない事を理解しました。

実施スケジュール

※オリエンテーション

  1. 私たちを取り巻く環境
  2. チーム内コミュニケーション
  3. 一人ひとりにフォーカスしたコミュニケーション
  4. 基本的なトレーニングの進め方
  5. トレーナーの役割
  6. 最後に
  7. その他

講師写真

講師 :佐々木

講師より
今後、育成に力を入れていくにつれ、新たな壁にもぶつかることがあると思います。部署が異なっても、トレーナー同士で状況を共有したり互いにアドバイスする場があると、育成が継続し、効果が高まると感じています。今後のために、ぜひ共有の場をお持ちになることをお勧めいたします。

関連する研修サービス

> OJTトレーナー研修 ~新人・若手の早期戦力化の実現~
> 部下・後輩への声掛けの仕方研修
~やる気を最大限に引き出すコミュニケーション~