人事労務の総合ソリューションサービス:キャリアアセットマネジ株式会社

戦略的構想力研修 ~競争社会を勝ち抜く組織の将来設計力~

戦略的構想力研修 ~競争社会を勝ち抜く組織の将来設計力~

目的とねらい

戦略的構想力とは、生産、販売、研究・開発などの各職能を横断的にまとめあげ、組織の将来設計を行う力のこと。競争する場所(業界)、自社の強みと弱み(経営資源)自社の構え(競争優位の構築)、価値提供のしくみ(事業システム)、技術マネジメント(技術経営)、知財マネジメントについての基礎知識を習得および実践力養成。 →戦略的構想力を活かした組織の将来像設計をする。

研修の効果

  1. 業界の制約と可能性、事業の機会と脅威を峻別
  2. 自社の強みと弱み(ヒト・モノ・カネ・情報)理解
  3. 自社の基本戦略の立案能力の養成

研修プログラム

所要時間 実施内容
0:15 オリエンテーション
1:15 【1】自社の競争優位とボトルネック ・自社の経営資源における強み(競争優位性等)と弱み(模倣可能性等) ・自社の経営資源マネジメントにおける制約と可能性
2:00 【2】技術と知財マネジメント ・技術と市場の関係 ・技術開発から製品開発までのプロセスと課題 ・製品の市場導入後の課題 ・技術と製品の保護 他
2:15 【3】自社の事業展開と事業構造の分析 ・自社の業界ポジショニング分析 (競合企業の製品開発や新市場開拓の状況等) ・自社の事業活動におけるボトルネックと競争優位 (技術、研究開発、購買、製造、物流、販売、サービス等)他
1:30 【4】グループディスカッションⅠ 課題:経営環境の変化に伴う、既存製品ラインの維持廃止と新規製品ラインの追加にかかわるマネジメント(一例)
0:15 まとめ
※上記は一例です。ご要望に応じ、所要時間・内容・形式等カスタマイズ可能です。

受講者の声

  • 戦略の枠組みをロジカルに学べた。このような機会を頂けた事に感謝致します。
  • 戦略的思考をとるためにどこに目を向けたらいいのかがわかりやすく、また自分の視点がどこに偏っているかが理解できました。様々な思考が必要なのが改めてわかり、とても勉強になりました。
  • 戦略思考について興味深く、とても参考になりました。学んだことを実務に落とし込めるように、日々努力していきたいと思います。
※集合トレーニング(研修)の「行動定着」「効果測定」のため、併せて「継続トレーニング」の実施を推奨いたします。→詳細はこちら
CAMの研修映像コンテンツ
採用情報 仕事は一生。楽しくやらなきゃもったいない
CAMの【ストレスチェック】トータルサポートサービス
C-enバナー
障がい者雇用の促進をサポートする 障がい者雇用研修
早期離脱の繰り返し防止対策バナー
年末調整をサポートします!

PAGETOP
Copyright Career Asset Manage INC. All Rights Reserved.