人事労務の総合ソリューションサービス:キャリアアセットマネジ株式会社
  • HOME »
  • »
  • 派遣社員はなぜ辞める?―定着率で見る「現場力」 第1回「早期退職が増えている? 派遣の退職理由ベスト5」

派遣社員はなぜ辞める? ― 定着率で見る「現場力」
第1回「早期退職が増えている? 派遣の退職理由ベスト5」

派遣社員はなぜ辞める?―定着率で見る「現場力」 第1回「早期退職が増えている? 派遣の退職理由ベスト5」

今や多くの企業で活用されている人材派遣。
利用企業の目的は様々ですが、一般的に言われている「派遣利用メリット」は、

① 採用コストの軽減(自社で求人を出すと××万円)
② 人件費・雇用リスクの軽減(正社員や無期契約社員との比較において)
③ 即戦力・教育コストの削減(新卒と違い社会人経験があるという前提で)

といったところでしょうか。

ところが昨今言われている「求人増・採用難」は、派遣社員も例外ではなく、「引く手あまた」の求人の中、人を集めるために待遇を上げるなど色々な工夫をしているようです。

しかし、やっと入職してくれた派遣社員が、「すぐ辞める」と嘆くのは、一部の企業だけではありません。ある業界で行った調査では、入職した派遣スタッフが1ヶ月以内に辞める割合は約20%と、なんと5人に1人が辞めてしまうというデータが出ています。(2016年6月CAM調べ)

ここで、派遣社員が辞める主な理由を見てみましょう。

【離職理由ベスト5】
(※自己都合の場合)

① 条件の良い企業への転職
② 業務内容が合わない/ついていけない、環境に耐えられない
③ 職場の人間関係、職場環境に馴染めない
④ 体調不良
⑤ 家庭事情(引越、家族の介護など)

①については、有効求人倍率がこれだけ高まると、より「良さそうな仕事」に目移りする可能性は高まるでしょう。特に派遣という立場の気軽さもあってか、少しでも現在の職場に不安や不満を感じると別の職場へ移ってしまう傾向はあるようです。②でもそういった傾向は見られます。

そして注目すべきは③です。派遣元への相談では結構な人数にのぼるものの、派遣先に詳細が告げられないケースが多いと聞きます。(派遣先と派遣元の関係性にもよりますが、「派遣先への不満」とも受け取られかねないからでしょうか)

また④の体調不良については、『本当の原因』とは限らない、と考えております。
慣れない職場・業務で体調を崩してしまうことはありえますが、「これから仕事するぞ!」と意気込んで入社し、1ヶ月しないうちに体調を崩してしまう人が多すぎるのも疑問が残ります。全員ではありませんが、ストレス等から体調を崩すパターンもしくは、本音を言わずに「辞める理由」としている可能性も、否定できないでしょう。

せっかく採用難の中「獲得」した人材がこれほど辞めてしまうのは、派遣先・派遣社員双方にとってマイナスなのは明白です。(もちろん派遣元にとっても)

次回は、『辞める理由』の中でも改善の余地の高い

③職場の人間関係、職場環境に馴染めない

について、現場でいったい何が起こっているのか、掘り下げて見てみましょう。

派遣社員はなぜ辞める? ― 定着率で見る「現場力」シリーズ

第1回:早期退職が増えている? 派遣の退職理由ベスト5
第2回:現場も疲労。負のローテーション
第3回:食品メーカーA社の取り組み―現状把握
第4回:コールセンターB社の取り組み―意識改善

CAMの研修映像コンテンツ
採用情報 仕事は一生。楽しくやらなきゃもったいない
CAMの【ストレスチェック】トータルサポートサービス
C-enバナー
障がい者雇用の促進をサポートする 障がい者雇用研修
早期離脱の繰り返し防止対策バナー

PAGETOP
Copyright Career Asset Manage INC. All Rights Reserved.