人事労務の総合ソリューションサービス:キャリアアセットマネジ株式会社
  • HOME »
  • »
  • 『育成トレーナーのひとり言』その6「えっ? 知らないの?」

『育成トレーナーのひとり言』
その6「えっ? 知らないの?」

『育成トレーナーのひとり言』その8「納期、守ってます?」

新入社員研修シリーズの第6弾!

内定式の季節になりました。

皆様の会社でも人事部がその準備に追われていることと思います。

仕事とは、1人で完結するものはひとつもありません。
当社のグループでは、内定者研修と入社研修において『酒宴の場での振る舞い』を教えています。
数年前から実施しているコンテンツです。
なぜ数年前からか? というと・・・現場からクレームが来ました。
「今年の新人って、お酌の仕方も知らないんだけど? 教えてないの??」
というものです。
お酌の仕方知らない。。驚! ウソでしょ??
昭和世代の私は、大学時代に先輩からしっかり教わりました!

周囲もそうでした! 社会に出て新たに教えてもらうことは多かったですが、お酌くらいは大丈夫でしょうと思っておりました。

平成生まれは違うのですね。・・リサーチが足りませんでした反省・・・

早速研修コンテンツを作成すべく、現場担当者に状況を詳しく聞くと、「上司のグラスが空になっているから、ビールをついであげて」と先輩が新人にお願いしたとき、その新人は「わかりました」と返事をした後、上司のグラスを自分の左手で持ち、右手でビール瓶を持ち上げてトクトクトク・・と・・・

で、出来上がったものを上司に「はい。どうぞ。」と渡したそうです。

私の想像をはるかに超えた回答です。
コレはイチから教えねば!

当社は、社員間コミュニケーションとして「食事」や「お酒」を共にする機会の多い会社です。これは「酒好き」の集まりということではなく、社員をファミリーとして捉え、食事を共にすることで仕事上ではなかなか話せないプライベートの話や、その人の価値観を知り、より信頼関係を構築しあうことを大切にしているからです。

また、仕事をしていれば、「接待」ではなくとも取引先の方と食事に行く機会もあります。

そんなときに、「マナーが身についていない」と、困るのは本人です。

このような背景からスタートした研修ですから、単なるHow to では無く、目的から方法を教え、実際に場を設けて練習してもらう研修を実施しました。

おそらく学生時代の「飲み会」は、友人同士でワイワイと飲んだり食べたりの楽しい時間という位置づけですから、そこに一定のルールやマナーを持ち込むことが苦痛を伴っているようにも見えましたが、その目的と意味を理解し、練習したことで少し自信が付いたようです。

研修後、ある新入社員が「別の会社に就職した大学の友人が、『会社の宴会なんて行きたくない。なんて言えば行かずにすむかな??』と言っていました。でも私は楽しみです。早く配属先に行きたいです」と言ってくれました。

これも研修の効果?? 
嬉しいですね。

『育成トレーナーのひとり言』

その1:カワイゲ
その2:「ただ今よろしいですか?」という免罪符
その3:それって言い訳だよね
その4:「大きな声を出しましょう」とは言ったけど
その5:「主体的に働く」とは?
その6:えっ? 知らないの?
その7:それって意味ありますか?
その8:納期、守ってます?
その9:継続はチカラなり!?
その10:自己投資してます?
その11:「普通」に考える?
その12:「成長意欲」が向かう方向

CAMの研修映像コンテンツ
採用情報 仕事は一生。楽しくやらなきゃもったいない
CAMの【ストレスチェック】トータルサポートサービス
C-enバナー
障がい者雇用の促進をサポートする 障がい者雇用研修
早期離脱の繰り返し防止対策バナー

PAGETOP
Copyright Career Asset Manage INC. All Rights Reserved.