研修の目的と当日の様子

2016年9月下旬、自動車部分品製造会社様で「ロジカルシンキング研修」を実施し、26名に受講いただきました

【研修実施レポート】9/23.27自動車部分品製造会社様「ロジカルシンキング研修」

こちらの企業様は、4年前から定期的に同対象層に対して、弊社研修を導入していただいています。そのような中で
「昨年度、プレゼン研修を実施したことで、日常的にPREP法を用いるなど、改善は大きく見られる一方で、緊張を伴う状況下において、うまくできていないこともまだ見受けられる」という課題がございました。

そこで今回は、相手の状態を把握するためのコミュニケーション要素も取り入れた「ロジカルシンキング研修」を実施いたしました。

研修の導入において、同じ情報を受け取っても、他人と自分では理解度や感じ方に大きな差が生まれていることを、パズルワークを通して体感していただきました。相手の状態を都度確認しなければ、こちらの意図が伝わらないことや、相手を動かす話はできないことを理解していただきました。

コミュニケーションの基本構造とコミュニケーションにおける大前提を理解していただいた後は、自分が相手に伝えたいことと実際に伝わったことの差を無くし、円滑に関係を構築するためのコミュニケーションスキルを習得しました。

プレゼンにおいても土台となるコミュニケーションを身につけたあとは、分かりやすい伝え方を実践するための方法として、結論、理由、事実からなる「ナンバリング法」を紹介し、“シンプル且つロジカル”に伝えるための具体的手法を身につけました。そして、「当社の強みは何か」というテーマの基、ディスカッションをし、その成果報告として、製造部長様に対して実際にプレゼンをする、という取り組みを用いました。製造部長様にもご協力いただけたことで、良い緊張感を持って実践していただけました。

ロジカルシンキングを知識ではなく、実際の現場で活用できるように、シンプルに、分かりやすく取り入れたことによって、現場でも活かしていただける研修になったと感じております。

受講者の声

  • 全体的にテンポ良く、噛み砕いた説明が非常に判りやすかった。
  • 今回も十分ためになった。自分自身のスキル向上に役立てたい。
  • 今回の研修を職場のリーダーに実践させたい。

実施スケジュール

研修テーマ
※オリエンテーション
  1. リーダーの役割
  2. 傾聴スキル
  3. ロジカルシンキング
  4. アクションプラン
  5. まとめ

【研修実施レポート】9/23.27自動車部分品製造会社様「ロジカルシンキング研修」講師写真

講師 :相田 吉雄

講師より
常に自分に矢印を向け、自分を見つめ、リーダーとしての「あり方」を明確に持ち日々自問自答できる状況をつくる必要があると感じ、出来れば「リーダーシップ」などをじっくり学ぶ機会を持つことをお勧めします。

関連する研修サービス

> コミュニケーションスキル向上 » コミュニケーション(ロジカルシンキング)