研修の目的と当日の様子

2017年5月下旬、長野県の建築関連会社様にてリーダー層対象の「リスクマネジメント研修」を実施し、19名の方々にご参加いただきました。

【研修実施レポート】5/24(水) 建築関連会社様「リスクマネジメント研修」

今回の企業様は、製造現場で起こりうるリスクへの対応が「気を付けましょう」で終わりがちで、そもそもの「リスク予防」について理論や手法を学んだことがない状態でした。

そこで今回は、リスクマネジメントについて、現場からも学習機会の要望が時折上がっていたことと、昨年法改正により「化学物質取扱のリスクアセスメント」が義務付けられたため、基礎知識習得を目的に「リスクマネジメント研修」の実施にいたりました。

今回の研修では、次の三点を意識して実施致しました。

第一に、講師が受講者に対して積極的に問いかけ行い、受講生の方々に職場の問題と照らし合わせて考えて頂くプロセスを追加致しました。一つひとつの知識を納得感をもって認識して頂けたのではないかと考えております。

第二に、企業のリスクマネジメントという幅広い問題について、主要なキーワード(「リスクの原因と影響」「リスク察知能力(6つの視点)」「リスクの評価と対応」「リスクへの継続的取り組み」)などを統一的に活用することでご理解を頂くことに努め、詳細な内容の解説を行うように致しました。
これによって、受講者の皆様が当該研修を受講することで、職場での実務を通じて、何を身につけるべきか、目指すゴールはどのようなことかを認識しやすくなったのではないかと考えております。

第三に、時間制約のある研修であるため、グループディスカッションでは、すべてのリスク因子を列挙して頂くのではなく、リスク因子の抽出と原因追求の方法ならびに対策の立て方について皆様に学んで頂く等に致しました。受講生の方々には本日の講義ならびにテキストの内容を現場にお持ち帰り頂き、今後正しい方法で職場のリスクにアプローチして頂けるように致しました。

今回参加者の皆様に得ていただいた知識を、製造現場で活用していただくことが、リスクマネジメントに対する組織全体の意識向上実現の一歩になること願っております。

受講者の声

  • 言葉では聞いていたことを研修を通してわかりやすく理解できた。職場で活かしていきたい。
  • 先生の説明が非常にわかりやすかったです。

実施スケジュール

研修テーマ
※オリエンテーション
  1. リスクマネジメントの目的
  2. リスクの察知
  3. リスクの評価と対応
  4. グループディスカッション
  5. まとめ

【研修実施レポート】5/24(水) 建築関連会社様「リスクマネジメント研修」講師写真

講師 :落合 康浩

講師より
世の中で関心が益々高まりつつある職場におけるリスクアセスメントにかかわる内容の提供に依拠しつつ、実践に裏付けられた労働時間管理と業務効率化に関わる内容を、今後も提供していきます。