研修の目的と当日の様子

2018年3月中旬、茨城県大手物流業様にて「5年目社員対象 問題解決能力向上研修」を実施し、21名の方々にご参加いただきました。

今回の企業様は、5年目社員研修を実施する背景に
・構造改革による人財減少により、業務に追われリーダー人財にかける教育が不足しており、中堅層の育成・指導力・問題解決能力が必要。
という状況に置かれておりました。

そこで今回は、(どの部署でも必要なリーダーとしての人材育成の土台になる)問題を「見える化」し解決するための手法及び問題の原因分析~解決策の実行までの手法を習得するための「問題解決能力向上研修」を実施いたしました。

研修当初はお互いに日頃話をされない方同士ということもあり、固い雰囲気でしたが、アイスブレイクにいつも以上にジックリ時間をかけて進めたところ、固さもとれ、積極的に参加していただくことができました。実際、自分から手を挙げて発表される方がいらっしゃったり、またワークやディスカッションも傍観している人もおらず、皆が活発に参加しておりました

今回のテーマは「問題解決」でしたが、一般的に問題解決というと「ロジックツリー」や「ミッシー」などの手法を学ぶことが多いのですが、今回の内容は「学ぶ」ことではなく、「実践」を第一番に置き、以下の三点を意識して行いました。
 ①シンプルで理解しやすいこと
 ②参加者の皆さんが実際の現場で問題解決として使えること
 ③今日から実践できること

特に、「問題解決」のパートでは、問題解決がうまくいかないパターンを理解していただいた上で、問題解決する軸となるものをお伝えいたしました。どこに注力するかにより、問題解決が左右されますので、注力すべき軸を理解した上で、「思考」と「行動」を変えることが必要であることをお伝えいたしました。

そして、身につけていただいた軸を基に、現状の個人が抱えている問題を洗い出して整理していただきました。それもあり、参加者の皆さんの声を研修後拝見しますと、「現場で早く実践したい」など、現場で活用できるイメージを持っていただくことが出来たのだと実感しております。

引き続き職場にてご活用いただき、業務向上を図っていただきたく思います。

受講者の声

  • 問題解決前の要因を洗い出すコトで、少しでも今までより問題解決を早くして行きたいという意欲が湧きました。すごくいい事を学べましたので、他のメンバーにも伝えたいです。
  • 現在の仕事を進める上での問題を出し合うことで、自分の業務と向き合うことができた。また、その問題についてグループワークを通して客観的に見る事ができたのも良かったです
  • 一人で解決するのではなく、皆で解決する方法で講座を行って下さったので、すごく分かりやすく、考える力もつきました。
  • 講師の体験談を交えた内容で分かりやすかった。

実施スケジュール

※オリエンテーション

  1. リーダーへの期待
  2. 問題とは何か
  3. 理想のリーダー
  4. 現状の共有
  5. 問題解決
  6. まとめ

講師写真

講師 :相田 吉雄

講師より
研修により、日々の悩みに対する解決の糸口が見つかったことで、モチベーションアップにつながった方が多くいらっしゃいました。是非とも日々の仕事で活用し、成果に結びつけていただければと思います。

関連する研修プログラム

> 問題解決研修 ~改善活動を導く問題解決思考~
> 中堅社員研修 ~リーダーとしての自覚形成~